webライター

未経験のwebライターが初めての仕事を受注するための提案と工夫

もともと紙の媒体で執筆活動をしていたり、作家をしている人以外は未経験の状態からwebライターになる。

特に、副業・兼業としてwebライターを選択する人のほとんどは未経験からのスタートなので、初めての仕事に対しては不安を覚えるのは当たり前だろう。

「自分でもお金をもらって文章を書いてよいのだろうか?自分が書く文章にお金を払ってもらう価値はあるのだろうか?」
「そもそも、未経験のwebライターなんかにお金を払って依頼を出してくれる人はいるのだろうか?」

私も同じような不安を抱えながら、クラウドソーシングサービスで提案を繰り返していた。

幸いにも親切なクライアントさんのおかげで最初の一歩を踏み出せたが、ある程度経験を積んだ今では、もっとやれることがあったなと感じている。

これからwebライターを始めようと思っている人に対して、未経験から一歩踏み出す際に必要な準備を紹介したい。

そもそも偉そうなこと言っているけど、お前誰だよと思った方は、簡単に実績を公開しているので一度確認してみるのも良いかもしれない。

未経験でも受注するための方法

未経験でもwebライターとしての仕事を受注をするためには、「どのような案件」に、「どのような提案」をしていくのか?という点が重要だ。

今までの経験からどのような点に注意すればよいのか、解説していきたい。

どのような案件を狙うか?

未経験であってもオリジナリティがあり、自分の個性を出せる案件を狙うのが重要だ。

誰でも書ける記事ではなく、自分だけしか書けない記事であればそれだけで十分価値を感じてくれる人がいる。

具体的には、

  • 仕事に関係する内容
  • 趣味に関係する内容
  • 過去に体験したことがある内容

このような観点で選ぶのがオススメだ。

既に知識が十分にあったり、新たに学ぶ際にも抵抗がなかったり、自分が体感した感想を語ることができたりすれば、価値がある記事にできる。

私の場合には、仕事で関わっていた就職に関する内容や、唯一の趣味といってもよい旅行関係、今後積極的に取り組んでいきたい資産運用などに関する案件に提案し、実際に受注できている。

どのような提案をするか?

独自の記事が書ける案件に提案したとしても、クライアントさんが発注したいなと思う提案内容でなければ受注にはつながらない。

具体的にどのような点に注意すればよいのだろうか?経験がなければ、どうすればよいかわからず悩んでしまう人も多い。

シンプルなのは、「自分だったらどういう人にお願いしたいか?」と考え、依頼したいと思えるような提案文を書くことだ。

具体的には、

  • 依頼内容をきちんと理解している(読んでいる)
  • なぜ?どんな風に役に立つのか?が明確に分かる
  • きちんとした記事を書いてくれそう

私であればこのような人にお願いしたいと感じる。

このような点に気をつけながら提案文を書いていけば、受注につながるはずだ。

受注確率を上げるための工夫

最近はwebライターが増えてきているので経験者であっても、簡単に案件を獲得できる状況ではなくなってきているように感じる。

未経験者であればなおさらで、受注確率を上げるためには紹介した点を意識するだけでなく、さらに工夫を取り入れることが必要だ。

  • 自分が書いた文章を見せる
  • 単価を調整する

実際に私が取り組んだのはこの2点だ。

やはり、提案文だけではどんな記事を書くのかわからないし、実際に実績記事を要望するクライアントさんも多い。

お金をもらった記事でなくても、自分が書いた文章をGoogleドキュメントなどで共有できるようにしておけば、クライアントさんの判断材料になる。

ただし、それなりに実力があることが前提なので、自信がない場合にはライティングチームに入ったり、本を読んで実践するなど実力をつけよう。

もう一点は、受注数0から1への実績作りと割り切って、クライアントさんが掲示している単価よりも安く提案することだ。

継続した場合にも安い価格で書き続けることになるリスクもあるが、ずっと受注できずにいるよりはましだと思うので、20%オフの単価で提案し、受注した。

初めてを乗り切れば風向きが変わる

始めの1件目を何とか乗り切ってしまえば、そこで未経験webライターではなくなる。

この0から1の変化はとても大きく、クラウドソーシング上でも実績が0と1では受注確率が大きく異なるため、まずは1件目の受注を目指そう。

簡単に受注できると思っている場合、なかなか決まらなくて精神的にも疲弊してしまうので、30件は提案するつもりでいた方が良い。

今回紹介したような提案を1件ずつ地道に続けていけば、その過程で文章を書く技術も向上していくだろう。

もし精神的に余裕がある場合には、提案を受け入れられなかったクライアントさんに、落選の理由を聞いてみるのもおすすめだ。

未経験のときではなかったが、実は提案文で誤解を与えてしまったことが要因で、その誤解を解いたことで受注につながったという経験もあった。

始めの一歩は簡単ではないが、乗り切ってしまえば大きく風向きが変わってくるため、できることは何でもやるくらいのつもりで、一歩目を乗り切ろう。