サラリーマン

在宅勤務であれば育児や介護は両立可能?想定よりも辛く厳しい

育児や介護のために時間が必要となり仕事を続けられない人が増えています。企業にとっては大事な労働力を失うことになり、労働者は収入が途絶えることでお互いに苦労します。

解決策の一つとして注目を集め、導入が進んできているのが在宅勤務制度です。自宅にいながら仕事ができるため、育児や介護のために仕事を辞める必要がありません。

期待が高まっている在宅勤務ですが、育児や介護に対してどのようなメリットがあるか明確にしていきます。また、本当に両立できるのか確認していきましょう。

在宅勤務×育児・介護のメリット

在宅勤務には、育児、介護しないといけない人にとって大きなメリットとなる点が複数あります。代表的なものを確認していきます。

一緒にいる時間を作れる

もっとも大きなメリットは、家族と一緒にいられる時間を作れることです。まず通勤時間が不要になりますので場合によっては、働く時間が変わらなくても1日当たり数時間単位で時間を確保できます。

有効活用できるのは通勤時間分だけではありません。仕事のあとで気の進まない飲み会に参加することもなくなりますし、おしゃべり込みの長いランチも短縮できます。コツコツと時間を積み上げていくことで、思ったよりも時間を確保できるのではないでしょうか?

こうして生み出した時間を家族と一緒に過ごしたり、疲れた自分を癒やす時間に使ったりできます。家族とのコミュニケーションも深められます。

何かあってもすぐに対応

育児や介護をしていると、想定外の事態で急いで対応しなければいけないこともあります。そんな時に仕事をしていたら、連絡もなかなか取れずにどうしても対応が遅れてしまいがちです。しかし、在宅勤務であれば、気づくのもその後の対応もすぐにできます。

大したことない場合にはいいですが、いざという時には在宅勤務ですぐに気づけたかどうかが明暗を分ける場合もあります。このようなケースは稀かもしれませんが、大きな後悔をする可能性もあるため、きちんと考えておきたい部分です。

収入を確保

育児や介護で休業をした場合、困るのは収入が無くなってしまうことです。

ただでさえ通常の生活に比べてお金がかかる生活なのに、収入まで減ってしまうと生活が立ち行かなくなります。その点、在宅勤務の場合には、残業や雇用形態の関係で収入が減る可能性はありますが、ゼロにはなりません。

収入さえ確保できれば、気晴らしに出かけたできますし、ちょっとした贅沢を楽しめます。また、生活を楽にする家電の購入や家事代行サービスを依頼することも可能です。これは大きなメリットですね。

両立は思ったよりも厳しい

在宅勤務であれば、育児や介護と両立は可能と言われますが、本当にそうなのでしょうか?実際にはかなり厳しい点があります。

仕事とのバランスが取れない

いくら仕事を家でできるとはいえ、育児・介護と仕事のバランスを取るのは簡単ではありません。人によって状況は異なりますが、多くの場合育児や介護に時間を取られ、十分に仕事をする時間が取れないです。どうしても近くにいると気になってしまいますよね。

結局在宅勤務でも自分が満足する仕事がこなせずに、家族と過ごす時間を最優先にして両立をあきらめてしまう人もいます。両立していくのはいばらの道です。

周りの見方が変わる

在宅勤務が一般的になっていない企業の場合、周囲からの見方、評価のされ方が変わってしまいます。仮に同じ仕事をしていたとしても、以前よりも評価が下がってしまうことが多いです。また、実際に評価として見えなくても、周囲との扱いに差が出てしまいます。

一方で、育児や介護に関しても家にいる時間が長いことで、できて当たり前と思われてしまいがちです。外で仕事をしていれば多めにみてもらえていたことが、在宅勤務にしたことで周囲の評価基準が厳しくなってしまうことも十分考えられます。

精神的に追い込まれる

上手く両立ができず、周囲の見方が今までと変わってしまうことで、精神的に追い込まれてしまいます。自分だったら両立できると思っていたのに!とか、もっと上手くできるはずだったのに!と思うことで、負の感情が溜まってしまいます。

すると、今までは気にならなかったことまで気になるようになってしまい、それがどんどん自分を精神的に追い詰めてしまいます。最悪の場合には、育児や介護のノイローゼになってしまう可能性もあるため、十分注意が必要です。

周囲は、在宅勤務だからといって育児や介護と両立するのは簡単ではないこと。状況を理解した上で適切な対応をしないと追い込んでしまうことを理解してあげる必要があります。

時には協力してもらえるサービスを

在宅勤務で時間ができるとはいえ、仕事をしながらすべて自分や家族だけで行うには、限界があります。時には、誰かに助けを求める必要があるでしょう。頼れる親戚が近くにいればよいですが、そう恵まれた環境の人ばかりではありません。

そんなときには、外部のサービスを積極的に活用しましょう。在宅勤務で稼いだ分の一部を使って精神的に豊かになり、体も楽になるのであれば使わない手はないです。

家事代行で休む時間を作る

在宅勤務と育児・介護を両立するために、時には休む時間を作る必要があります。そのためには、家事代行サービスを使うことも考えましょう。家事をしてもらっている間に仕事を進めておけば、家族との時間や自分が休む時間を生み出せます。

家事代行サービスにもいろいろなものがありますが、その中から2つ紹介します。

Casy

1つ目はCasyです。1時間あたり2,190円と小さな負担で家事代行サービスを利用できます。実際に派遣されるスタッフに対しては、ユーザーからの事後評価制度が適用されているため、質の高いサービスが確保されています。

利用者登録は30秒でできますし、利用予約も非常に簡単にできます。口コミを確認してみてもコスト対効果の高さが人気です。まずは利用するときのために会員登録だけでも済ませておきましょう。

 キャットハンド

1時間あたり1,980円と業界最安水準であり、利用者のニーズ次第では定期プランもあるなど、幅広い利用の仕方が考えられます。20年以上派遣事業を行っていますので、質の高いスタッフが対応しており、ノウハウも十分です。

公式ホームページには家事代行サービスはどのようなものか紹介する動画や、お得なキャンペーン情報も掲載されていますので、一度確認してみるのがオススメです。


宅配ご飯

掃除や洗濯などの家事はそれほど苦ではないけど、食事を作るのがどうしても億劫で、メニューを考えるのも面倒だという人には、宅配ご飯の利用がオススメです。

介護や育児の場合には自分の食事に比べて、介護職や離乳食を作らないといけない場合もあり、かなりの時間がかかってしまいます。それにメニューを考えるのも大変ですよね。どちらかでも宅配で済ませてしまえると、かなり楽になります。


まとめ:周囲の理解と協力は必要不可欠

仮に在宅勤務を始めたとしても、育児や介護との両立は簡単ではありません。両立していく為にはどうしても周囲に状況を理解してもらい、仕事上のサポートが必要不可欠です。自分自身が在宅勤務をする場合はもちろんですが、周囲に在宅勤務の方がいる場合も気にかけてあげましょう。

どうしても大変な時は、お金はかかりますが、外部のサービスを利用することで精神的にも肉体的にも楽になります。いざという時に使えるように準備しておくだけでも心が楽になりますので、まずは登録だけでもしておくことをオススメします。

無理せずに在宅勤務を活用しながら良い時間を過ごしていきたいですね。