サラリーマン

在宅勤務にヘッドセットは必要不可欠!web会議のためのオススメは?

会社で仕事をしている場合にはみんなで集まって会議をすればよいですが、在宅勤務が導入されると集まるのが難しくなります。その場合にはweb会議が行われますが、ヘッドセット導入が必要不可欠です。

ヘッドセットには単なるヘッドホンだけでなくマイクがついているため、web会議で他の人の発言を聞き、自分の発言をマイクを通して参加者に届けられます。

使い慣れていない人も多いかもしれませんが、在宅勤務をしなくてもこれから利用する機会は増えていきますので、慣れておいた方がいいでしょう。

web会議に対するヘッドセットの必要性と選択する際のこだわりのポイント、オススメのヘッドセットを紹介していきます。

web会議にヘッドセットは必要?

そもそも、本当にヘッドセットは必要でしょうか?何となく携帯電話をスピーカー状態にすればことが足りる気がしますよね。なぜ必要なのか確認しましょう。

音声をしっかり聞き取る

スピーカーの場合には、他の音も混ざってしまいます。会社の会議室同士でスピーカーでの会議であれば、静かな環境ですので問題はありません。私も実際に会議室で複数人がスピーカーを使うweb会議に参加しています。

しかし、在宅勤務ではそうはいきません。会社の会議室のように隔離された環境を必ずしも確保できるわけではありませんし、場合によっては外の音がうるさい場合もあります。

そんな状況でスピーカー状態では、会議の参加者による重要な発言を聞き逃してしまう可能性もあります。

自分の意見を届ける

会議に参加している以上、自分の意見を会議の場に出していく必要があります。ただ聞いているだけでは参加する意味はあまりなく、後で展開される議事録を読むだけで十分です。

スピーカーを使って参加する場合には、自分の発言以外にも外部の音声が入ってしまうため、自分の発言を適切に届けることができません。また他の参加者にとっても余計な音声が入ってしまいますので、会議を進行する邪魔になってしまいます。

外部の音声を極力入れずに自分の発言を届けるためには、ヘッドセットでマイクと近い距離で発言することが必要です。

ヘッドセットでこだわるべきポイントは?

ヘッドセットの必要性は分かりましたが、どのような点に注目して選んでいけばよいのでしょうか?こだわるべきポイントを明確にしていきます。

有線か無線か

まず大きく分かれるのは有線か無線かです。これはヘッドセットとパソコンをどうやって接続するかで、有線はUSBなどで直接線をつなぐタイプで、無線はBluetoothなどで接続するタイプです。

有線タイプの特徴としては、

  • 比較的安い
  • 充電が不要
  • 設定が必要ない
  • 音の遅延がない

このようなメリットがあります。一方で、無線タイプの特徴としては、

  • ケーブルが邪魔にならない
  • 本体から離れても参加できる

このようなメリットがあります。

在宅勤務のweb会議では、簡単に接続できて音声の遅延もない有線ヘッドセットがおすすめです。また、いざという時に電池切れで使えないのは致命的なので、その点でも有線をオススメします。

片耳か両耳か

ヘッドセットには片耳タイプと両耳タイプがあります。片耳タイプはヘッドセットを付けていない方の耳は空いていますので、もう片方の耳で外部の音を聞けます。一方で、両耳タイプは完全に耳を塞ぎますので音声が入ってきません。

在宅勤務の人は仕事で使いますので、基本的には会議に集中し音声を聞き逃さないように両耳対応がオススメです。ただし、小さい子供がいたり周囲を気にしないといけない場合には、片耳タイプを使用しましょう。

仕事に集中するのは大事ですが、何らかの理由があって在宅勤務をしている人も多いと思いますので、自分の状況に合わせて選択しましょう。

価格帯

ヘッドセットの価格帯はさまざまです。安価なものは数百円~購入できますが、高価なものは数万円以上もします。もちろん価格帯によって機能はさまざまですが、在宅勤務用にはどの程度のものが必要でしょうか?

まず、在宅勤務にしか使用しないのであれば数百円~千数百円のものがあれば十分でしょう。長時間使うとしても1.5時間程度なので、使用感が多少悪くても我慢できますし、音声も十分です。

高価なものは使用感も音質も良いですが、仕事に使うだけであればそこまでの性能は不要です。

オススメのヘッドセットを紹介

在宅勤務用のオススメヘッドセットを紹介します。今回は、本格的で高価なヘッドセットは含んでいません。

エレコムの高コスパヘッドセット

OA機器メーカーとして十分な実績のあるエレコムの高コスパなヘッドセットです。有線タイプで両耳を覆うように装着しますが、遮音性は適度でしっかり音声を聞き取ることができます。

耳の装着部分もクッション性があるので、2時間程度の会議でしたら特に問題なく使用できます。また、マイクにもノイズキャンセリング機能がついていますので、不要な音を拾いにくく会議にも適切です。

エレコム 両耳大型オーバーヘッドタイプ USBヘッドセット (1.8m) HS-HP28UBK

価格:2,678円
(2019/7/21 19:29時点)
感想(1件)

人間工学に基づいた片耳タイプ

少し毛色は変わりますが、Bluetooth接続の片耳タイプで耳に差し込んだり柔らかなパッドがついているタイプでなく人間工学に基づいた形状をしています。少しわかりにくいですが、リンク先をご確認ください。

ケーブルレスで非常に軽いですし、耳への負担も小さいため使いやすいです。また、ノイズキャンセリング機能も搭載しているため、web会議にも耐えられます。特に移動しながらや、子育てしながら参加する場合などにオススメです。

[メーカー直販] ヘッドセット ブルートゥースイヤホン イヤホン 片耳 高音質 イヤーフック型 バッテリー2個 交換可 ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン ヘッドホン 無線 スポーツ 防汗 防滴 マイク内蔵 耳掛け イヤホン 音楽 通話可 iPhone Android 対応

価格:3,399円
(2019/7/21 19:41時点)
感想(264件)

まとめ:在宅勤務には高コスパのヘッドセットを使おう

在宅勤務をする場合には、web会議をする機会が多くなります。会議を円滑に進めていくためにはスピーカーフォンの利用ではなくヘッドセットを利用しましょう。

在宅勤務には有線タイプで音質も良いものがオススメですが、状況によって使い分けるのが良いでしょう。例えば子育て中や移動しながらの場合には無線タイプの片耳イヤホンを使う方が良いです。

安いものは数百円~ありますが、あまりにも安いものは性能が不十分な可能性があります。3,000円程度出せば十分なヘッドセットが購入できますので、オススメのヘッドセットを使って効率よくweb会議に参加しましょう。