サラリーマン

在宅勤務の椅子はゲーミングチェアがオススメ!長時間座っても疲れない。

企業が働き方改革によって在宅勤務を導入していくと、自分で準備した机と椅子を用いて自宅で働く時間が徐々に長くなっていきます。会社であれば何も考えずに、会社が用意した椅子に座って仕事をしていますが、そうはいきません。

自分で椅子を選ぶと言われても、在宅勤務ではどういう点を考慮して、どんな椅子を購入したらいいのかわかりません。私も実際に家で仕事を始めたときには、余っていたダイニングセットの椅子を使って仕事をしていました。

しかし、今はもっと早く専用の椅子を買っておくべきだったなと思っています。同じ時間働いても疲れ具合が全く違います。

在宅勤務の際にどのような観点で椅子を選べばよいか?オススメの椅子はどれか?という点を紹介していきます。

在宅勤務は快適な椅子が必須

今では、在宅勤務をする際には快適な椅子が必須だと考えています。机よりも椅子を重視して選ぶべきです。なぜ快適な椅子が必要になるのでしょうか?

長時間座って作業する

在宅勤務では椅子に長時間座って作業をします。その時間は、会社にいるときよりも長いでしょう。例えば、会議ごとに移動していたと思いますが、在宅勤務の場合には基本的に移動せずにwebで参加します。

また、人と話すことも少ないので移動する機会が圧倒的に少なくなります。基本はパソコンでのやり取りが中心になりますので、仕事中に椅子から立つケースはほとんどありません。

それぞれは大したことない時間かもしれませんが、これらが積みあがることで座って作業する時間がどうしても長くなります。

椅子が合わないと体調を崩す

長時間座ることになる椅子ですが、合わないと体調を崩してしまいます。長く椅子に座っていると腰が痛くなることを経験している人は多いです。腰だけでなく、背中や肩、首にも大きな影響が出てきます。

局所的な痛みであれば我慢できるかもしれませんが、痛みが積み重なることで大きくなり、精神的にもかなり厳しくなってきます。特に首や肩がずっと痛い状況はできるかぎり避けたいですよね。

最終的には精神的に落ち込んでしまったり、姿勢が悪くなることで他の病気に繋がる可能性もあります。

椅子選びで重視するポイント

せっかく働き方改革で多様な働き方が認められ、在宅勤務になったとしても体を壊してしまってはもとも子もありません。快適な椅子選びをするためにはどんなポイントを機にすればよいでしょうか?

座り心地

まずは座り心地が重要です。

  • 座面の固さ
  • 背もたれの固さ
  • 背もたれの高さ
  • 肘置きの有無
  • リクライニング機能
  • 材質(革・メッシュなど)

座り心地に影響を与える因子はこのように数多くあります。各社が価格も含めたバランスを考えながら椅子を開発していますので、特徴を持った椅子が数多く発売されています。

それぞれの椅子がどのような特徴を持っているのかを確認しながら、座り心地の良い椅子を選択しましょう。

机とのバランス

椅子は単品での座り心地も需要ですが、椅子に座って作業をする際に用いる机とのバランスも非常に重要です。特に座面の高さと机の天板の高さの関係には気を付ける必要があります。

ただし、一概にどのくらい高さの差があればいいのか?という点は使う人の座高や好みによっても大きく変わるため、難しいです。できれば自身が作業をしやすい高さを確認しましょう。

座面の高さをある程度調整可能な椅子であれば、購入後も状況に応じて高さを調節できますのでオススメです。

機能性

椅子に求める機能性というのは、

  • リクライニング
  • 座面の上下
  • 首を置く位置の上下
  • 足置き
  • 座面が蒸れない

などがあります。あまり普段椅子を選ぶ際には意識しないことも多くありますが、仕事で使う椅子で、さらに長時間座る可能性があるなら注意が必要です。価格との兼ね合いになりますが、できるだけ機能の高いものを選んでおきましょう。

特に、仕事の姿勢を整えられる調整機能があるものを選ぶのがオススメです。

価格

価格も重要な要素です。一般的にオフィスチェアというと数万円程度します。少しこだわったいいものを買おうとすると、オフィスチェアブランドの場合には10万円をかるくこえてしまうため、簡単に購入できません。

会社のお金で買ってもらえるならまだしも、在宅勤務用に自分でそんな高い椅子を買うのは現実的ではありません。そこで、コストパフォーマンスの良い椅子を選ぶ必要があります。

ゲーミングチェアがオススメ

個人で買える現実的な価格で高性能の椅子としてオススメなのは、ゲーミングチェアです。あまり聞き馴染みのない人も多いと思いますが、コストパフォーマンスが良い製品の為、紹介していきます。

ゲーミングチェアとは?

そもそもゲーミングチェアとは一体どのようなものでしょうか?その名の通り、ゲーマーのために生み出された椅子のことです。最近はeスポーツブームですが、プロゲーマーともなると、1日10時間以上も椅子に座ってゲームをし続けます。

本来の実力を長時間発揮し続けるためには、リラックスできて疲れが溜まりにくい椅子が必要不可欠です。日本でもeスポーツが広まっており、実際にオフィス家具のブランドもゲーミングチェアに進出してきています。

このゲーミングチェアを、在宅勤務のために活用することをオススメします。

コスパがいい

一般的なオフィス家具の高級ビジネスチェアに比べると、ゲーミングチェアの価格は非常にリーズナブルです。かといって機能が大きく劣るかと言われると、それほどではありません。

  • リクライニング
  • ヘッドレスト
  • アームレスト
  • 包み込むようなデザイン
  • 高さ調節
  • 匂いの付きにくい材質

これだけの機能がついていても、3万円以下で購入できるのがほとんどです。ものによってはもっと安いモデルもありますので、手の届きやすい機能的な椅子です。

在宅勤務にオススメのゲーミングチェアは?

最後になりますが、オススメのゲーミングチェアをいくつか紹介していきます。価格帯や機能・デザインなどが異なっているため、用途にあったものを選べるといいですね。

楽天ランキング1位の人気モデル

GTRACINGのゲーミングチェアは楽天のランキングで1位を取っており、とても人気です。2万円弱と手の届きやすい価格帯に加えて、レザーを使用しています。また、近年人気のレーシングチェアを元にしたデザインも魅力的です。

無段階のリクライニングやアームレストの高さ変更、人間工学に基づいたデザインなどさまざまな要素が織り込まれていてこの価格は人気が出るのも納得です。

色合いなどが苦手でなければ、迷った場合にはこの椅子を選択するのがオススメです。

【送料無料】GTRACING ゲーミングチェア ブルー GT002 オフィスチェア デスクチェア パソコンチェア リクライニング チェア レーシングチェア PCチェア PC椅子 一人用 ハイバック キャスター アームレスト 可動 腰痛 人間工学 長時間 楽 疲れにくい おしゃれ ゲーム用

価格:18,800円
(2019/7/21 15:29時点)
感想(68件)

価格を抑えつつヘッドレストも欲しいなら

ゲーミングチェアの中でもこの製品より安いものはありますが、私自身はヘッドレストがついているものをオススメします。確かに仕事をしている最中に多く使用する訳ではありませんが、首や肩の痛みは体調不良に繋がりますので、避けたいです。

そんな要望に応えてくれるのが、この椅子です。非常にリーズナブルながらもゲーミングチェアに必要な機能を軒並み兼ね備えています。

  • ヘッドレスト
  • ランバーサポート
  • 高品質ウレタンやレザー
  • 175°リクライニング
  • 静音キャスター

◎マラソン大幅割引 クーポン配布 特価 ゲーミングチェア オフィスチェア リクライニング ランバーサポート 多機能 改良版 ハイバック ヘッドレスト腰痛対策 ホワイト

価格:9,980円
(2019/7/21 15:34時点)
感想(0件)

高級ゲーミングチェアは価格以上の価値!

コスパのよいゲーミングチェアの中でもかなり高価な部類に入るこの製品は、F1のレーサーが座るシートを参考に作った人間工学に基づいたデザインを採用しています。

アームレストも可動式ですし、フットレストとリクライニング機能を合わせて使用すれば、そのまま椅子で横になることもできます。あぐらをかくように座れるのも魅力的ですね。

高いだけあり、それぞれの機能だけでなく材質にもこだわっているため、その価格にも納得です。ゲーミングチェアの中でも高級感溢れる見た目は特徴的で、魅力に感じます。

[クーポンで2000円OFF 7/21 12:00-7/22 0:59] ゲーミングチェア ゲームチェア ゲーム レーシングチェア レース レーサーチェア オフィスチェア リクライニングチェア パソコンチェア オフィス PCチェア 椅子 チェア イス いす オフィスチェアー

価格:29,990円
(2019/7/21 15:40時点)
感想(7件)

まとめ:在宅勤務にはコスパのよいゲーミングチェアを

オフィス家具ブランドのビジネスチェアをイメージしていると、多機能な椅子は非常に効果で一般の方にはなかなか手の届きにくいものだと思う人も多いです。しかし、近年はよりコストパフォーマンスの高い製品が生まれています。

ゲームをするためのゲーミングチェアですが、もちろんビジネス用途でもその性能はいかんなく発揮されます。また、価格もブランドチェアに比べると数分の一の価格と非常にリーズナブルのため、手を出しやすいです。

在宅勤務になると、自宅で椅子に座りながら作業する時間がどうしても長くなってしまいますので、このように機能的な椅子の導入が必要です。せっかく通勤がなくなっても体を壊してしまっては嬉しくありません。

揃えるものが多く大変ではありますが、できるだけ早くゲーミングチェアを導入して、健康的に効率よく在宅勤務での仕事を進めていきたいです。