サラリーマン

すぐやめた新入社員は第二新卒で採用される?売り手市場の状況が変化

私が大学を卒業したのはリーマンショックの後で、東日本大震災が起きたくらいのタイミングでしたので、就職活動としては比較的厳しい状況で、大手企業でも採用を絞っているようなタイミングでした。

ここ数年は景気も回復しているようで、新卒社員の採用も活性化していますし、中途採用でも売り手市場と呼ばれるほど転職がしやすい環境になってきています。

実際に私の同年代で転職をして私が働いている会社に入ってくる方も多くなってきているように感じます。その多くが、ステップアップ的な転職になっています。

一方で、新入社員で入った会社が思っていたのと違ったといって、第二新卒目当てですぐに退社してしまう人も多くなってきているようです。今回は新卒ですぐやめてしまう人について考えていきます。

第二新卒って何?

そもそも、私が就職するようなタイミングではおそらく第二新卒という考え方はなかったか、それほど広まっていなかったのではないかと思います。

今でこそ言葉自体は聞いたことはありますが、実際にはどのような定義づけがされているかはわからないので、最初に確認しておきます。

第二新卒とは?

第二新卒を調べてみると、学校を卒業後1~3年で、転職もしくは就職を志す若年の人という定義が載っていました。

ある転職サイトには、企業が第二新卒を求めているという文言が書いてありましたが、本当にそうなのかは疑問が残りますよね。何となく謳い文句のようになってしまっている気がします。

第二新卒対象者が増えている

最近は新卒採用で企業に就職した後、数年で離職してしまうケースが増えています。厚労省の発表では、約30%が3年以内に辞めているということで、正直驚きました。

たぶん私が就職した会社では多く見積もっても3年以内の離職者は2%くらいだと思います。最近は売り手採用だったにも関わらず、30%という数字はきちんと考えたのかな?と思ってしまいます。

売り手市場ということは、就職したい人が選ぶ企業が多くなっている、就職者側が有利なはずなのに、その中でのこの離職率はちょっと異常ですよね。

第二新卒での転職は有利なのか?

ここで、転職サイトには第二新卒の人を企業が欲しがっていると書いてありましたが、実際にはどうなんでしょうか?

私自身の考えにはなりますが、色々な観点から考えていきたいと思います。

第二新卒を採用するメリットは?

転職者が採用したいような企業にとって、第二新卒を採用するメリットはどこにあるのでしょうか?

転職サイトには、新卒の学生に比べて社会人としての常識や一定のビジネスマナーを持っていることに企業は魅力を感じていると書いています。

ただ、本当にそうでしょうか?

正直私にはそれほど第二新卒が魅力的には思えません。キャリア転職のような知識や経験、即戦力としての能力を期待できるわけではありませんし、どうせ育てるなら外を知らない新卒の方が育てやすいです。

下手に一度違う企業に就職して知恵がついている方が扱いにくいのではないかと思います。それに企業で働くという観点での常識的な思考やビジネスマナーがみについているか?も怪しいです。

第二新卒にはリスクがある。

企業側にとって、第二新卒を採用することにはそれなりにリスクがあると思います。

一つは、会社を見限られるのが速いかもしれないという事。また、もし見限られた場合にはせっかく採用したのにも関わらずまた転職してしまう可能性が高いこと。

このように、自社に対しても転職前の会社と同じようにする可能性が新卒の学生よりもずっと高いです。

きちんと転職の理由を明確にしておく必要がありますよね。

第二新卒は本当に有利?

こうして考えていくと、第二新卒での転職が有利だとは到底思えません。実際、本当に出来る能力の高い人はどこに就職してもやれますし、転職の際にもどのタイミングでも引く手あまただと思います。

そうではない人が、第二転職が有利みたいだから。といって、せっかく入社できた企業を退職し第二新卒枠での転職を目指そうとすると、企業のニーズにマッチせずになかなか合格できないと思います。

あまり転職サイトの謳い文句を鵜呑みにしないように気を付けていきたいですね。

売り手市場の変化でさらに不利に?

個人的には、今後は第二新卒枠での転職は今よりどんどん不利になっていくと考えています。

ここ最近は多くの企業が過去最高益などを更新し、人手不足が続き、転職者にとっては非常に転職しやすい環境であったと思います。実際に私の会社でも人は常に足りない状況は続いています。

しかし、個人的にはこれから転職市場は少しずつ。でも着実に下降気味になっていくと考えています。

理由は米中の貿易摩擦や欧州でもきな臭い雰囲気が出てきていますし、国内でも消費税増税を控えるなどかなり景気の悪化につながるような材料が出てきています。

実際に期末決算に向けて業績予想の下方修正をする企業も時期が進んでいく毎に増えてきています。いつまでも第二新卒が有利と考えるのは危険になってきていそうですね。

第二新卒での転職についてまとめ

正直言って、最初に入社した会社よりも第二新卒としての転職でよい条件の会社に行けることなんてまれだと思います。

本当に何らかのミスマッチがあったごく少数の人が、適正に見定められてよい条件での転職に繋げることが出来ているのは事実だと思いますが、それがすべてではありません。

きちんと転職の際に、転職先の企業でも新卒で入った会社と同じようなミスマッチが発生する可能性があるということは十分に理解して活動をする必要がありそうです。

そうでないと、何度も何度も転職を繰り返し、最終的には自分自身の評価を下げ続けてしまうような状態になりかねません。

個人的には、企業が第二新卒を採用するメリットが全く分かりませんので、あまり賛成ではないのですが。

もし、どうしても最初に就職した会社に嫌な部分があり頑張れず第二新卒枠での転職を目指すのであれば、出来るだけ早い内に取り組んだ方がよさそうです。

特に実績もなく新入社員よりも年が上の第二新卒の社員は景気の悪化が顕著になり、採用を絞り始める前にアクションを取って進めていかないといけません。

色々と人によって考えはあると思いますが、自分が大事にする部分を明確にして、そこから外れないようにしていきたいですね。

その選択肢が本業を続けるでも、他のことを頑張るでも、転職をするでもいいので自分自身が納得できるような、自分のゴールに繋がるような選択肢を取っていきましょう!