PM試験

2020年4月は応用情報を受験!プロジェクトマネージャ試験は諦める

もともとIT関係の資格は何も持っていないにも関わらず、半年間の勉強で難関資格であるプロジェクトマネージャ試験を受けようと思っていた。ただ、参考書を購入したあたりから本業が忙しく時間が全く取れなくなってしまった。

さすがにこの状況では勉強をすることはできないし、時間の無駄になってしまうので今回はプロジェクトマネージャ試験の受験は断念し、そのベースとなる応用情報技術者試験の合格を目指すことにする。

プロジェクトマネージャ試験は年に1回しかないが、応用情報技術者試験であれば年に2回あるので、何とか2020年中に合格することを目標とする。

【勉強の方針】参考書と問題集

基本的には、参考書と過去問の問題集を中心に勉強を進めていく。評判が良さそうなものを一冊ずつ購入したので、それを上手く使っていくようにしたい。

購入した参考書は応用情報技術者合格教本。インターネットで購入したので気づいていなかったが、届いてみてかなりびっくりした。相当厚い。。。こんなに勉強しないといけないのかと、既にモチベーションが下がり気味である。

そして過去問はこちらの応用情報技術者過去問題集だ。こちらも評判がよかったので、購入することにした。

今回購入した二冊を実際に勉強してみてどうだったか?などは今後実際に取り組んでいく中で紹介していきたいと思う。まずは購入したのでその報告にとどめておく。

【計画】本番は秋季試験に設定

【家庭・本業・副業・資産運用】2020年に実現することを明確化Twitterを見ていたら両さんの投稿が流れてきた。私もやりたいことをしっかり実現していきたいと思ったので、便乗して宣言してみる。せっか...

この記事でも書いたが、来年の1月~はアフィリエイトのコンサルを受けて、副業収入の基盤構築とスキル習得を主眼に置いていかないといけない。かなり時間が必要と言われている手法なので、ただでさえ本業が忙しい中では勉強時間は確保できないだろう。

ただ、春季試験もできる所までは勉強して試験自体は受けに行こうと思っている。そこで実力確認をし、秋季試験までには確実に合格できる実力を身につけようと思っている。

もし早い段階で自信が付くなら、そこからプロジェクトマネージャ試験の勉強を始めても良いかもしれない。今までは少し無理な計画を立て過ぎていたので自分を追い込んでしまっていた。

結局頑張ることは変わらないが、無駄な精神的負担を高める必要はないのではないか。無理をしすぎずに、でもしっかり頑張れる目標や計画を立てるのは大事だと思う。

【戦略】応用情報取得でプロマネの午前免除

プロジェクトマネージャ試験を辞め、応用情報技術者試験を選択したのにはその後に繋がる戦略がある。実は、プロジェクトマネージャ試験を含んだ高度情報技術者試験では、応用情報技術者を取得していると午前の試験が免除される。

1回の試験のために幅広い試験範囲を勉強していくのは非常に負担が大きいので、まずは午前試験の免除を狙いながら応用情報技術者の資格も得られるという一石二鳥の戦略と言える。

もちろん午前試験に受かる為だけの勉強もできないことはないが、それでは先に繋がらないのでしっかり知識を付けながら勉強をする。それが、プロジェクトマネージャ試験だけでなく、ITストラテジストなど他の試験をする上でのベースにもなるだろう。

何とか頑張っていきたい。