サラリーマン

在宅勤務導入のメリットとデメリットを解説。従業員目線では導入不要?

働き方改革の施策の一つとして在宅勤務制度の導入が大手企業やIT企業を中心に広がっています。家で仕事ができるのは魅力的に感じますが、実際どんな感じで働くのかイメージが湧きません。

今までと働き方が全く違いますので、どのようなメリット・デメリットがあるのかを先ずは把握する必要があります。企業側にとってはメリットがあったとしても、従業員にとってデメリットが大きければ働き方改革にはなりません。

在宅勤務のメリットとデメリットをきちんと把握して、在宅勤務を希望するのかどうかを判断しましょう。成り行きや勢いで選択することがないように準備が必要です。

在宅勤務のメリット

在宅勤務には、会社員が面倒だとか大変だと思っている色々な問題を解決できる大きな可能性があります。まずはどのようなメリットがあるのか明確にします。

通勤・移動時間の短縮

在宅勤務という名前の通り、会社に出勤しなくても自宅で仕事を進められますので、通勤時間や出張などの移動時間を短縮できます。時間を短縮するだけではなく、満員電車や渋滞を避けられるのはとても大きなメリットです。

直接給料にもならないのに、精神的にも肉体的にも負荷の高い満員電車や渋滞の中通勤するのは大変ですよね。これを避けられるだけでも、在宅勤務を希望する人は多いです。

私自身、今は会社から離れた場所に住んでいますので毎日往復で2時間以上通勤に時間がかかっています。その時間を他のことに充てられるのであれば、在宅勤務を希望したいなと思います。

育児や介護と仕事の両立

ここ数年で、育児や介護のために離職する人が多いことが問題になってきました。その点に関しても在宅勤務は解決策の有力な候補の一つです。

通勤時間が無くなることで育児や介護の時間を捻出できますし、自宅で仕事を中断しながら子育てや介護に取り組めるのは大きなメリットになります。離職によって収入が減ることも大きな問題でしたので、その点でも嬉しいですね。

一方で、人手不足が深刻な企業にとっても子育てや介護のために離職してしまっていた人が仕事を辞めずに済むのは大きなメリットといえます。

在宅勤務であれば育児や介護は両立可能?想定よりも辛く厳しい育児や介護のために時間が必要となり仕事を続けられない人が増えています。企業にとっては大事な労働力を失うことになり、労働者は収入が途絶える...

居住地の制限がない

在宅勤務が進んでいけば、働く場所の制限がなくなります。今までは会社に通勤できる範囲に住んでいる必要がありましたが、完全な在宅勤務が実現できればどこに住んでいたとしても、仕事を進められます。

また、住む場所だけでなく仕事をする時間さえ確保出来れば旅行なども自由に行けます。旅先で仕事の時間だけはホテルで働き、それ以外の時間で移動や観光を楽しむ。そんな働き方ができたら魅力的ですね。

居住地の制限がないということは、場合によっては田舎に住んで生活コストを大きく下げられます。早めにお金を貯めて違う働き方をするきっかけになるかもしれません。

仕事用の準備が不要

仕事用の衣類やバッグなどを準備することが無駄だと思う人は多いと思います。なぜ仕事のために、プライベートのお金で購入しなければいけないのか?私はよく疑問に思っていました。

  • スーツ
  • 革靴
  • 仕事用のカバン

これらを購入する必要が無くなるだけでも、自由に使えるお金は増えていきます。給料が増えるわけではないものの、使えるお金が増えれば満足感は上がります。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務のメリットを見る限り非常に魅力的ですが、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。人によって感じ方は異なりますが、致命的に感じる場合には在宅勤務を選択しない方が良いでしょう。

勤務時間の管理が曖昧

在宅勤務では良くも悪くも勤務時間の管理が曖昧になります。自宅では誰かが監視しているわけではありませんので、仕事のアウトプットを確認できてもどれくらいの時間をかけたのかはわかりません。

人によってはサボりがちになってしまう可能性もありますし、人によっては会社で働いているときよりも仕事に時間をかけてしまう可能性もあります。このあたりは性格や考え方、責任感によりますので何とも言えません。

このあたりを考慮して在宅勤務を選択する必要があります。通勤時間が減ってもその分給料は変わらずに働く時間が増えては元も子もありません。

業務上のコミュニケーション不足

仕事を進める中で、一人で自分の仕事を淡々と進めておけばよいという人はほとんどいません。多くの人が周囲と関わり合いながら仕事を進めていきます。通常は面着で会話をしたり、電話を掛けたりすることが多いです。

しかし、在宅勤務の場合には気軽に顔を合わせてコミュニケーションを取ったり、電話をかけて話をすることも簡単ではありません。web会議の導入など対策は進んでいますが、業務上のコミュニケーション不足は避けられません。

仕事を円滑に進められないだけではなく、教育や成長のチャンスも減ってしまいます。何も対策を打てなければ、将来的には会社の能力全体が下がってしまうことに繋がりかねません。

評価が見えにくい

仕事のアウトプットを見ることはできますが、そのプロセスやかかった時間の確認はできません。在宅勤務の人と普通に会社で勤務している人が同じ仕事をしている場合、その評価はどうなるのでしょうか?

在宅勤務が導入されたばかりの場合には、十分にその評価制度が確立されていません。上司も慣れていないため、評価に納得できない場合も全員が会社で働いている場合に比べると、多くなります。

評価がどうでもいい場合には気にならないかもしれませんが、昇進を目指していたり評価が気になる場合には在宅勤務を選択するべきではないです。

導入費用がかかる

在宅勤務をする場合には、自宅に在宅勤務用の労働環境を整えることが必要です。新しく購入が必要なものも多く、導入費用が掛かります。

  • パソコン
  • デスク
  • 椅子
  • ヘッドセット

他にも必要なものはあるかもしれません。在宅勤務で必要なものは、こちらの記事にまとめてありますので、ある程度目安になります。

在宅勤務を始める際に準備が必要なものは?【スムーズに開始しよう】「周りでも在宅勤務をする人が増えてきたから、そろそろ私も取り組みたいな。でも何を準備すればいいの?」 「」 政府による働き方...

まとめ:在宅勤務の導入は時期尚早

在宅勤務のメリットデメリットをそれぞれ比較すると、非常に大きなメリットがありますので、導入を進めていくこと自体は良い施策だと考えられます。しかし、現時点で積極的に利用するのは時期尚早です。

勤務時間や評価に加えて、周囲の理解などさまざまな課題が残っていますので、場合によっては在宅勤務の大きなメリットを奪ってしまいかねません。まずは試行錯誤を繰り返しながらも早く制度を作りあげるのが先決です。

個人的には、場所に捉われず通勤時間が不要になることがもっとも大きなメリットだと考えています。仕事は好きですが、家族との時間をもっと増やしていきたいからです。

もし制度をよりブラッシュアップする役に立つことが出来るならば、積極的に取り組んでいきます。きちんと成果を出して高い評価も受けつつ自由な働き方を実現していきたいですね。