エッセンシャル思考

【実践記1】エッセンシャル思考との出会いと実践する理由

エッセンシャル思考を読み始めて1週間。

少しずつ読み進め、やっと1周読み終わりました。

きっかけはクロネさんのtweetで、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ状態になっている私にも、もしかしたら有益なヒントがあるかもしれないと思ったからです。

読み終わって率直に感じたのは、「まず、試してみよう」ということでした。

正直、一度読んだだけですぐに実践できるほど簡単ではありませんし、本にも書いてある通り、身につけるのには時間がかかります。

ただ、身につけていく過程にも価値があると思ったので、試してみることにします。

せっかくなので、このブログを使って実践記というかどういう解釈で、何を考えてどう選択したのか?どう行動することを決めたのか?ということを残そうと思います。

エッセンシャル思考とは?

エッセンシャル思考は考え方であり、生き方です。

本書を読んで特に印象に残っているのは3点。

細かい表現は本書と異なるかもしれませんが、いずれも繰り返し出てくるので重要な点と感じています。

  1. 「より少なく、しかしより良く」
  2. 自分でコントロールする
  3. 本質を見極める
  4. トレードオフ

私は今まで、何かを改善する・良くするためにはやることを増やすことが重要だと考えて生きてきました。

だから依頼される仕事は断らずに引き受け、自分の成果を蓄積すると共に経験値を積むことを優先し、自分がやりたいことは後回しにしています。

最近は、依頼される仕事の多さにうんざりし、せっかくこなしたとしても後から考えると本質的ではなく枝葉の話で苦労した意味がなかったりと、引き受けたことを後悔することが多くなってきました。

本書が気になったのは、潜在的にでも自分の現状が望んでいる状態ではないということに、気づいていたからかもしれませんね。

エッセンシャル思考とは私のように、

  • やるべきことがたくさんあって、何から手を付けたらいいかわからない
  • 本当に重要なものが何かを見極められていない
  • あれもこれも手を出して、結局中途半端になってしまう

こういう人が状況を変えるための1つの選択肢になり得る思考法、生き方ではないかと思います。

より良く生きたい

今年のGWくらいには、第一子が産まれる予定です。

夫婦二人暮らしの状態で、子供ができたとき、喜びと共に強い後悔を実感したことを、今でもよく覚えています。

付き合い始めた当時から、「二人でこういう生活をしていきたいね」と話していたことをほとんど実践できていなかったことに気付きました。

また、それは子供ができることによって大きく制限されることで、実現のハードルが大きく上がることも。

日々、その時々で色んなことを考え、その時にはよいなと思う選択をしてきたつもりでしたが、夫婦の原点となる共通の夢や希望を実現するための選択が、できていませんでした。

本質を見極めれておらず、忘れてしまい、選択の優先順位を間違ってしまっていたのだと思います。

後悔をまったくしない生き方など、実現するのは不可能だと思っています。だけど、後から振り返ったときに、納得できる選択をしていきたいとも思います。

こんな生き方をするために、エッセンシャル思考はとても役に立つのではないかと期待させてくれる考え方であり、生き方です。

エッセンシャル思考の実践記

エッセンシャル思考を読むことで、可能性を感じることはできますが、それを自分の生活に落とし込んで実現していくためにはサンプルが足りません。

すぐに上手く実践をしていくことは簡単ではないと思いますが、本書に書いている抽象的な概念や行動を、自分の生活に置き換えて具体化していこうと思います。

自分の備忘録として、また同じように考えている人の参考になるように、このブログの中で残していきたいと考えています。

「この行動は本質的なのか?」「優先順位が高いのか?」と言われると、ブログ記事にすること自体は優先順位が高くないかもしれません。

でも、どうせメモ書きとして残していくなら、少しでも自分が取り組むためのモチベーションアップに繋がる方がいいのではないかな?という判断です。

今は、他に集中して取り組んでいることがあるので更新の頻度はかなりゆっくりになると思いますが、時間をかけてしっかり身につけ、記録として残していこうと思います。

ちなみに、振り返りをする際や家族と共有する際にはマンガ版の方がスムーズかもしれませんね。私も妻と相談する際にはマンガ版を活用しようと思います。