悠々自適

【家庭・本業・副業・資産運用】2020年に実現することを明確化

Twitterを見ていたら両さんの投稿が流れてきた。私もやりたいことをしっかり実現していきたいと思ったので、便乗して宣言してみる。せっかくなので、来年は定期的に進捗の確認や見直しをするようにしたい。

分け方はいくつか考えられるが、

  1. 家庭
  2. 本業
  3. 副業
  4. 資産運用

大きくはこの4つに分類して設定していこうと思う。2019年は子供ができたときに、これまでの自分が取ってきた選択や振る舞いに対して大きな後悔をしてきた。

だから2020年はこうしてやりたいことを明確にしておくことで、少しでもあとから振り返ったときの後悔を減らしていきたい。もちろん見直しは定期的にかけていく。

【家庭編】子供と一緒に仲良く過ごす

2020年には家族が増える予定だ。今は妻と二人暮らしだが、そこに新しい家族が加わってどうなるのか、もちろん不安もあるが、それよりも今は期待と楽しみが大きい。

今は元気に子供が産まれてきてくれるように妻の体をいたわり、安心して迎えることができるように色々なことを勉強したり、買い物をしたりしている。生まれる前から私たち夫婦を楽しませてくれる子供は、きっといい子に違いない。

きっと今までのように妻と旅行に頻繁に行くことは難しくなるだろう。少しいいレストランで食事を楽しむことも難しくなるだろう。だから、その分子供も一緒に、仲良く健康に一年間過ごせるようにしたい。

正直今は本業がかなり忙しいので、朝家を出るのも早いし、夜家に帰ってくるのはかなり遅い。そのため、今の状況では子供との時間を十分に取れないと考えられる。その状況をいかに改善していくのかが課題だ。

【本業編】仕事の効率化と育成

今年いっぱいで貴重な役割を担ってくれていた先輩が一人いなくなってしまう。また、来年の3月で一緒に仕事をしている心強い先輩がいなくなってしまう。そんな状況でも全体でこなさなければいけない仕事は減るどころか増えていく。

何も考えずに仕事をしていては、とても家庭の時間を作れるような状況ではない。だから今年は仕事の効率化と、後輩や海外拠点のメンバーを育成することで全体の労働時間を減少させていきたい。

幸いにも先進技術の開発や世の中に広く出る製品の開発、また海外拠点との協業など仕事内容は社内でもトップクラスに幅広く面白い仕事をさせてもらえている。自分なりに頑張った結果もあるが、よく見てくれる上司に恵まれたともいえる。

成績を残すことはもちろん重要だし、それはもう既に目標にもならないので、もう一歩上の目線で自分がやりきるのではなく組織を強化するという視点で取り組んでいこうと思う。

健康にだけは十分に気を付けないと。

【副業編】アフィリエイトで報酬確定2サイト

アフィリエイトに強烈な逆風が吹いているというのはTwitterを見ていればよくわかる。だが、将来のことを考えるうえで私はアフィリエイトに可能性を感じチャレンジすることにした。

子供がうまれる前の2020年1月~、実績があり身につけたいスキルを持っている方にコンサルを依頼しているので、少し時間がかかったとしてもしっかりと力を付けていきたい。

そう簡単に報酬を得られるところまで行けるとは思っていないが、コツコツと地道に取り組んでいくことが最低限必要なこと。さらにそこからしっかりと技術を吸収し、頭を使いながら取り組んでいくことで何とか成果に繋げたい。

2020年中には、2つのアフィリエイトサイトで初報酬の確定まで実現することが目標だ。コンサル期間に1つのサイトを完成させる予定なので、少なくとも1つはそのサイトで発生させ、さらにその件数を増やしていきたい。また同じ手法を用いて自分で作ったサイトで自力で発生をさせたい。

これが実現できれば、今後Googleが様々な変化をさせていったとしても、インターネット検索が残り続ける限りはお小遣いを稼いでいくことは十分にできると思う。本当は大きな夢を見たいが、それほど楽天的でもないのでやめておく。

※もしかすると、アフィリエイトで稼げると思っているのが楽天的だと思われるかもしれないが、実現するための行動はきっちりとしていく。

【資産運用編】配当金月1万円まで買い進める

今年の10月くらいから高配当株投資を始めた。現状は手元にある株式のみで税引き前で約24,000円の配当金受領予定だ。2020年内には、その次の1年間に何も株を購入しなかったとしても年12万円、月に1万円の配当金が受領できるようにしたい。

手元の株式配当金に加えて、自社株から3万円程度の配当金を受領予定だ。税抜きの場合には132,000円の配当金が必要なので、残りは78,000円程度だ。目標は利回り5%程度なので、156万円の資金を投入すれば実現できる。

ただ、来年は子供も生まれてお金がかかるし、妻は産休に入るので収入は大きく減る。そんな中で資金を捻出するためには本業の給料に加えて、メリハリをつけたお金の使いどころ管理と、副業による収入増が必要になる。

簡単ではないが、きちんと取り組んでいけば不可能な数字ではないので、12万円を超えてさらに増やしていけるように努力し続けていこうと思う。

まとめ

今年は後悔も多かったし、きつかった1年ではあった。でも妻とは仲良く過ごせたし子供ができるなどよいイベントも多かった1年だった。

後から振り返った時に2020年が良い1年だったと思えるように、きちんとやりたいことを明確にし、目標を立てて柔軟に変更も加えながら実現できるように努力していきたい。